WiMAX2の3日で3GB制限、なら格安SIMでいいじゃないか

2015年4月からWiMAX2が3日間での通信容量が3GBに制限されるというアナウンスがありまして、
3日間の合計通信量が上限を超えると通信速度が著しく遅くなるということになります。

いままでWiMAX2を使ってきた私としてもこれは見逃せない制度の改悪ではないでしょうか。
「ギガ放題」といってたのは何だったんでしょう。

ということで、格安スマホ(SIM)のほうが良いのでは、と思ってこちらについて調査してみました。

格安スマホ=格安SIM=MVNOについて

格安スマホ(格安SIM)(MVNO)というのはスマホという名前がついてるのでお察しの通り「電話」が出来るスマホのことです。
ただ、インターネットもできまして通信速度は110Mbps出るものもあったりと高品質なんですよね。

さらにスマホによってはテザリングができますので、パソコンと無線でつないでパソコンで外出中でもインターネットができちゃいます。いってみればwimax2と同じような使い方ができるというわけです。

しかしこちらもプロバイダ(MVNO)によっては、というかほとんどのMVNOで1ヶ月の通信容量が制限されています。

1GB~10GBなど自分で1ヶ月にどれぐらい使うかを最初に選んで契約できます。MVNOによっては制限無しというところもありますので、もし制限なしがよければ、そういったMVNOを選ぶと良いと思います。

MVNOはWiMAX2ほどではありませんが若干キャンペーンを実施しています。WiMAX2だと契約で2万円のキャッシュバックなど大々的なキャンペーンが魅力だと思うんですけど、MVNOのほうは1ヶ月の料金が安いため高額なキャンペーンは実施していないことがほとんどです。まぁそういったデメリットを差し引いても格安スマホにしたほうが良いのでは、という気持ちがあります。

ただ、これらのサービスも将来的にどのような制限が加わるかはわからいと思っておいたほうがいいのかな、という気持ちです。
今後何を信じたらよいのでしょうか。

最近WiMAX2の騒動も落ち着いてきて、2台目のネット環境としてあえてWiMAX2を選択する人も増えてきています。安定した通信速度と広いエリアが認知されてきた背景もありますからね。

サブネット環境としてのWiMAX2を勉強するなら→WiMAX2調査隊も参考になります。

Comments are closed.